日本人の朝鮮移住(抜き書き)

父(1885年生まれ)が早稲田を出て柳川へ帰って来た時には、弟の春雄のほうはもう朝鮮へ渡っていた。当時、旧柳川藩士たちは朝鮮の全羅南道の栄山浦に移住して”柳川村”をつくって集団生活をしていた。日露戦争が終わって明治四十年頃というのは、海外雄飛が青年の夢で、一攫千金故郷に錦を飾るといって朝鮮へと渡った。

 

栄山浦では、岡山県出身の黒住さんが最も大地主で(略)、全羅南道でベストテンに入る大地主で、終戦直前には田圃と山林、果樹園を千五百ヘクタール所有していましたから。

消された朝鮮人強制連行の記録―関釜連絡船と火床の坑夫たち

消された朝鮮人強制連行の記録―関釜連絡船と火床の坑夫たち

 

 

韓国の通販

韓国のものが買いたい、という時に使っているサイト。

 

YES24 YES24 | 대한민국 대표 인터넷서점

韓国外に住む外国人でも登録できます。

支払いはエクスパロで口座振込にすれば即日入金されます。

一週間以内には商品が日本に届きます。

 

CD、DVD

CDはAmazonで取り扱っているものが多いと感じています。

マイナーな歌手でも買えました。

DVDはYesAsiaです。

YESASIA: 韓国・中華圏・日本の映画、ドラマ、音楽CD、書籍、ゲームなどを取り揃えたオンラインストア! - 無料配送

話題作は大体取り扱っています。

こちらはクレジットカードで購入できます。

 

こちらは「韓国 女性服」等で検索すると通販サイトが沢山でてきます。

日本円で決済できるサイトもあります。

届け先が韓国内にしか対応していないサイトでも、問い合わせフォームで直接「日本に届けて欲しい」と書き込めば、対応してくれます。

こういう場合もエクスパロで口座振込するのが早いです。

買い物韓国語

買い物に使えるフレーズを書いていく試み。

 

다른 곳도 보고 십어요.

タルン ゴット ポゴシポヨ

他のも見たいです。

 

이거 주세요.

イゴ チュセヨ

これください。

 

 

香港2

メモ。

香港国際空港は広い。到着してから入国審査まで、出国審査から搭乗口までが遠い。シャトルトレインに乗る。

(香港はすごいなーと思ってたら関空にもあった)

空港から市内に行くにはS1バスで東涌駅経由MTRにすると安い。20ドルくらい。ただし1時間ぐらいかかる。

空港バス(A系統E系統)も同じくらいの時間だけど快適さをとって30ドルくらいだから良い。

二階建てバスがほとんどで、1階は半分くらい荷物置き場になってる。合理的といえば合理的かも。ただし2階に座ると走行中(けっこうとばしてる)に階段を降りることになる)。

オクトパスカード便利。バスを乗りこなしたい。

ピークトラムは夕方を外せばそんなに待たなくていい気がする。

 

香港

インド系の人、イスラム系の人、白人の人、中国大陸の人をよく見かけた。

外国語を勉強するといっても、日常の買い物、食事、移動、トラブル解決の言葉が現地に行く時には必要だ。

ジェスチャーと表情でなんとなくわかるけどそれだけじゃね。

旺角で雨傘運動の人達を見かけた。

日本の食べ物と韓国の食べ物がよく売っている。

サークルKセブンイレブンがあちこちにある。

中心部、狭いように思ってたけど意外と移動に時間がかかる。

交通費が安い。(バス、MTR)

茶餐廳で注文ができるの目標に。

 

本場の「唔該」「係呀」「多謝」「得呀」を聞く。いや、これしか聞き取れなかった。

私は自分の広東語が付け焼き刃すぎて(恥ずかしくて)使えなかった。英語(話しかける用)と日本語(独り言用)を使ってた。

カタコトの広東語より英語・日本語の方が旅行者感が出て助けてくれやすかった、いや今回においてはだけど。

韓国でもだけど「えーと」とか「よんじゅうごてんごどるだから…(数える)」とか言うと日本人てばれる。(当たり前)

 

日本占領時代のこと、日本ではあまり知られていないのでは。朝鮮半島、台湾、満州、南方は有名だけど。

香港歴史博物館がいつの間に全日入場無料になってた。

 

日々観光地でアジアの人を見かけるわけだけど、飛行機の中で香港に帰る人、これから日本に行く人色々見て、彼らには日本がどう見えてるんだろうと思った。憧れの国?入国厳しい?街中でよく見かける日本の製品がほしい?

 

中国人は香港に入る時背中を見せないといけないのか?

韓国人、中国人、日本人、香港人、台湾人、見分けるの難しい。

私のインスタグラムでフォローしてるのはこの国々の人達。東アジアの中で循環してる。彼らの日常の風景を見たいから。

中国人多いなあと思い、(会話がよく聞こえるからだろうけど)、日本の観光地に来ている中国人を思う。

 

日本に戻ると一気に緊張感がとける。緊張感なし。人・もの・自然・店等々観察しない。よくない。

香港エクスプレス搭乗記

香港から関空へ。

ウェブチェックインが2日前からできた。アプリをダウンロードしたら、そこからチェックインが可能。あとはバーコードをかざすだけ。

(でも空港職員がこれに慣れてなさそうだった。日本語表示だったからかも)

3ヶ月前に予約をしていたのだけど、ダイヤ改正があったのか、出発1週間ほど前にマイページを確認すると、知らない間に出発時刻が1時間遅れになっていた。

香港の接客全般に言えそうだけど、職員同士軽口を言い合う、楽しそうな感じ。

クーラー吹き出し口からまるでスモークのように冷気が噴き出す。

夜到着で夜景を見せるためかよくわからないけど、着陸のための降下を始めた途端消灯された。

(※日本語アナウンスはなく、広東語と広東語なまりの英語アナウンスだったのでよく聞き取れなかった)

焼売機でもなかった。

ピーチよりは多少座席間隔が広そう。窓側じゃなくても窓見えるし。ピーチは全く見えない。