読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▪️

基地問題がおきたのは日本が戦争をはじめたからで、もとをただせば日本が天皇の名でアメリカやイギリスに宣戦布告をしたからである。だがもっともとをただせば、日本が日清・日露の戦争をやって、台湾をとり、朝鮮をとり、満州をとって、まだ足りないといって「鬼畜米英」という宣伝をして真珠湾を攻撃した。そういうことをしてきたからである。そのために、広島・長崎に原爆が落とされて、沖縄で二〇万人の犠牲者がでた。 だから戦争はどこが始めたかということからはじめて、戦争の残酷さと、戦争の結果からくる悲劇を展示しようと思いました。

「原爆を落とした国より、落とさせた国の罪は重い。」

波根昌鴻『命こそ宝』岩波新書(新赤版249)、1992年

 

広告を非表示にする