読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説に登場する北海道

三千代の父はかつて多少の財産と称えらるべき田畠の所有者であった。日露戦争の当時、人の勧めに応じて、株に手を出してまったくやり損なってから、潔く祖先の地を売り払って、北海道へ渡ったのである。

夏目漱石『それから』