読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/2/11

 今は韓洪九の本を読んでいる。

現在の(この本で書かれているのは2008年頃の話だが)韓国の政治状況がよくわかる。

日本からは竹島問題、従軍慰安婦問題、歴史教科書問題で対立する韓国という構図しか見えないが、韓国側も一枚岩ではない(韓国社会全員がそう考えているわけではない)ということがわかる。

韓国のお姉さんが「大統領が変わるとガラっと変わってしまうから怖い」と言っていたがその意味がよくわかる。

韓国は日本の植民地支配時代→軍事独裁時代→民主化時代を経て再び独裁時代に逆戻り(むしろ当時より悪化)しているという。日本はどうだろう。最近の右傾化も似たようなことがないだろうか。と色々考える。

倒れゆく韓国 韓洪九の韓国「現在史」講座

倒れゆく韓国 韓洪九の韓国「現在史」講座

 

今日は建国記念の日なので、橿原神宮に行ってみたかった。まあ、来年ですね。 

広告を非表示にする